『四角い箱のいえ』のWEB内覧会はこちら >>

【入居後レビュー】ガルバリウムの外壁は雨音がうるさい?の真相

スポンサーリンク
家づくり

こんにちは、Meiです。

 

我が家は外壁と屋根の部材をガルバリウム鋼板にしています。

 

ガルバリウム鋼板(こうはん)とは?

板状に加工された鋼をアルミと亜鉛でコーティングし耐久性をアップさせた金属素材のことです。複層コーティングにより錆に強く、薄く軽いという点で落下リスクが減り、地震の事故も少ないと言われています。

Mei
Mei
 

ガルバリウム鋼板はすっきりした見た目でモダンな雰囲気になり外壁・屋根で人気の素材です。ダークグレーの外観にしたい人がよく使う部材ですね。

しかし、世間的には、「雨音がうるさい。」というデメリットも耳にします。

 

今朝、子どもに乗られて目が覚めると雨が降っていました。

 

はじめは、「あ、雨だ。ごみ出し面倒だな。」くらいだったのですが、「サーッ」という雨音とともに強い雨が降っているという認識に変わっていきました。大雨だからある程度、雨音はするんだなという印象です。

 

Twitterでも「関東では今年一番の大雨の所が多くなっている」と大雨警報がでていました。地域によっては土砂災害の警戒も必要だったようです。

Mei
Mei

ノンスタイルの石田さんの家は窓から雨が溢れて大変なことになっていたそう。これをネタにするなんて、さすが芸人さん!!

元々、ネットの評判を見ていたので、多少のうるささは覚悟していました。想定範囲内の範囲で雨音がしていたとも言えますね。

 

私としては、ニュースになるような大雨だったけど、雨音がうるさくて眠れないとは感じることがありませんでした。では、なぜ感じ方に個人差が生まれるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ガルバリウム鋼板にすると雨音がうるさい?の真相

「雨音がうるさい家」はガルバリウム鋼板でできた家だけなのでしょうか?

 

私は今日の大雨で、家の作り方や個人の許容範囲が音の感じ方に差を生んでいるように感じました。

 

 

①「防音対策がされてない家」に住んでいる可能性はないか?

一般住宅用にガルバリウム鋼板を使うなら、防音対策をきっちりしなくてはなりません。

 

防音対策をしていない家はどんな家でも雨音が気になると思います。

 

我が家は、吹き付けの断熱材(発砲ウレタン)を屋根と壁に施工してもらいました。

吹き付けの断熱材とは?

発泡状の断熱材であり、壁に発砲する液体を吹き付けて断熱材にします。発砲するので隙間まで埋まるように充填でき、従来の繊維系断熱材より隙間ができにくく、高い気密性と断熱性が得られると言われています。

 

有名なのはアクアフォームですね。

現場発泡断熱材No.1 アクアフォーム|省エネ住宅を実現|日本アクア
アクアフォームは現場発泡断熱材シェアNO1。硬質ウレタンフォームの1種で、新築・RC造の断熱材、断熱リフォームなどの次世代断熱材として、全国の戸建てのお客様、ゼネコン様から高い評価を得ています。アクアフォームは細かい部分にも隙間なく充填でき、高気密・高断熱を実現できます。

 

Mei
Mei

防音対策がされていない家は、家のテレビの音や子どもの鳴き声が外に漏れてしまっている可能性もありますね。

 

吹き付け断熱材での防音対策は、あくまで一例です。

 

住宅業界は、最大の「クレーム産業」なので、きっちり対策するのが建築家さんの仕事とも言えます。

 

しかし、部材に最終的にOKを出すのは施主です。どんな防音対策をしているのか、どんな効果が得られるのか、必ず聞いて、具体的に対策を実行してくれるビルダーさんを選んでください。

②「軒下がない(短い)家」に住んでいる可能性はないか?

最近の新築住宅では、「軒がない家」が増えてきていますね。それは、デザインを重視して軒下がない方がかっこいいと思う人が多いからでしょう。

軒の効果とは?

外壁に太陽や雨風が当たりにくくなり、保護することができる。
夏は涼しく、防風時の雨水の吹き込み防止にもなる。

 

ちなみに我が家も、軒がありません(笑)

 

小さめの窓をつけることで若干ですが雨風に抵抗はしましたが(笑)

 

ガルバリウム鋼板を使いたい人は、軒がない家の弊害も考えながら、建築家さんと話した上で家づくりをしましょう。

 

③普段から「音に敏感な人」である可能性は?

防音対策がされている場合でも、人によっては雨音がうるさく感じてしまう人もいるでしょう。

 

夢のマイホームの期待値が高いだけに、せっかくの一軒家でも音がするなんて・・・と考えてしまいますよね。

 

私は、鈍感なほうかもしれません(笑)

 

普段の雨では音は全く気になっていませんし、大雨なら多少は仕方ないかなと思っています。

 

Mei
Mei

無音住宅に住めるものなら住んでみたい!でも、豆腐屋さんのラッパの音も聞こえなくなるのは寂しい!

というか、記録的な大雨で音が鳴らない家はよほど高性能だと思いませんか?

 

音に神経質なのであれば、防音効果が高さをウリにしている外壁材で家を建てましょう。

 

住宅業界にはたくさん部材がありますから、似た素材でいいものが見つかるのではないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

「ガルバリウムの外壁は雨音がうるさい?の真相」のまとめ

私はガルバリウム鋼板でできた四角い家に憧れて部材を選んだので、雨音が鳴るリスクを許容したうえでこの家を建てました。防音対策もしっかりしてもらったので、普段から雨音が気になりませんし、ガルバリウム鋼板の外壁と屋根の家に満足しています!

 

まとめます。

  • 建築家さんに具体的な防音対策をしてもらう(吹き付け断熱材で気密性を高めるなど)
  • こだわりがなければ軒をつける(外壁や窓に雨が当たる場所を減らす)
  • 音に敏感であればガルバリウム鋼板を避ける(防音効果が高い素材を探す)

 

真相といいつつ、ものの捉え方には個人差がでてしまうのでなんとも回答がし難いまとめになってしました。

 

ガルバリウム鋼板以外でもこれから家を建てる人は、建築家さんと部材についてしっかり話し合い、後悔や失敗が少ない家を建てていただきたいです!

 

長い家づくり、頑張ってくださいね!

 

最後までありがとうございました!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

励みになりますのでランキング応援よろしくお願いします!

家づくり
スポンサーリンク
Meiをフォローする
四角い箱に住んでます-リビング中心の家で子どもの才能を見つけよう
タイトルとURLをコピーしました