『四角い箱のいえ』のWEB内覧会はこちら >>

【便利でした】ミーレの食器洗い機の評判・メリット・デメリット|20年使えるハイテク家電で家事を時短しよう

スポンサーリンク
ロジカル家事
ミーレの食器洗い機ってどうなの?

 

Mei
Mei

使ってみるわかったんだけど、ガラケーからスマートフォンに変えるくらいのインパクトがあるよ!

新築やリノベーションするから食器洗い機が欲しいけど迷ってる」とお悩みの方へ。

結論から言うと、ミーレの食器洗い機はかなりメリットあっておすすめです。

一日分の食器がスイッチ一つでまとめ洗えるので、食器洗い機は忙しい人、洗剤で手荒れがする人、水仕事の嫌いな人にとっては必需品です。

油汚れや焦げたなべ底、茶渋や水筒の底部分も予洗いなしで洗えるため、一度使ってしまうと手放せなくなってしまうかも。

そんなミーレ食器洗い機の気になる評判・メリット・デメリットを解説していきます。

  • 何よりミーレという会社が品質にこだわっている
  • 予洗いなしで油汚れもきれいになる洗浄力
  • 大容量だから食器と調理器具がまとめて洗える

 

 

スポンサーリンク

そもそもミーレ(Miele)とは?

会社名Miele/ミーレ
本社所在地ドイツ
設立1899年
事業内容電気機器、家電製品(食器洗い機、洗濯機、乾燥機、オーブン、コーヒーメーカーなど)
理念“IMMER BESSER”「常によりよいものを」
Mei
Mei

ミーレはドイツの家電メーカー、世界で100年以上も愛されるブランドです!!

 

ミーレの家電の1つ目の特徴は、デザインです。

すっきりとしていて、どんなインテリアにも馴染む、ドイツ的な形がお気に入りです。

 

2つ目の特徴は、品質です。

ミーレは20年間の使用を想定したテストを行う唯一のメーカーで、部品もドイツ周辺国の自社工場で作る品質に一切妥協しないことで有名です。

 

ミーレといえば「食器洗い機」を思い浮かべるくらい人気家電ですが、日本で取り扱われる海外メーカーの6割のシェアを持っているほど人気だそう。

 

ただの「デザイン家電」としてミーレを選ぶ人が多いですが、愛される理由は高品質だからなのでしょう。

ドイツでも就職希望ナンバーワンになるほどの企業だそうです。

 

 

スポンサーリンク

ミーレの食器洗い機のメリット

実際に使って分かったメリットを書いていきます!

 

①20年使用することを想定した高耐久性とデザインだから!

まず何より、20年使用想定した高耐久と、時代を問わないデザインがおすすめする理由です。

一般的な家電の使用年数は10年想定ですが、ミーレは自社製造・自社テストを行い20年耐久を想定しています。

Mei
Mei

もはや家電ではなく、家具のレベル!!

ミーレは細かい部品にもこだわっています。

ほかのメーカーであれば、プラスチックを使うところを、鋼(はがね)を使って耐久性を向上

ミーレジャパンという日本法人もあるので、もし壊れたとしても、電話一本でミーレ専門のメンテナンス業者がおうちまで来てくれるのも安心ですね!

また、長く使うためにはデザインも重要です。先進的な雰囲気を見れば10年後もインテリアにしっくりはまっていることでしょう。デザインでミーレを選ぶ人も多いことに納得です。

20年も使用できれば、コストパフォーマンスが非常に高いですね。

 

②予洗い不要!しつこい油汚れもピカピカになる洗浄力!

Mei
Mei

食器洗い機って、油汚れや焦げたなべ底、茶渋や水筒の底部分もきれいにあらえるのかな?

驚いたことにキレイに洗ってくれます。

実際に私もかぴかぴご飯とカレー汚れが付いた食器をそのまま、食器洗い機で洗ったことがありますがものの見事にきれいになり、驚きましたよ。

【Miele食洗機レビュー】予洗いなしでお皿はキレイに洗えるか?【カレードリア編】

なので我が家のシンクにはタワシや底部を洗うブラシを置いていません。

洗浄機の中にお湯が噴射するアームがついていて、隅から隅まで節水しながらきれいに洗いあげることができます。

さらに、赤外線オートセンサーで汚れを認識し、手洗いより高温で洗浄してくれるので本当にピカピカになりますよ。

予洗いしてしまうと、中途半端に汚れを判断してしまうので予洗いしないでください!とお店の人に教えてもらいました(笑)

 

③大容量で3段フロントオープン!調理器具と食器が一日の食器を1回で洗える!

60cmの大型タイプであれば、4人家族の1日の調理器具と食器が寝ている間にピカピカになります。

Mei
Mei

夜間にスイッチオン!朝にキレイ!

フロントフルオープン式なので出し入れが簡単、食べた後は直接食器洗い機に入れればOK。

お鍋やフライパンが洗いたいならフロントオープンがおすすめ。

まとめ洗いすれば電気代&水道代も節約することができます。

1度ににかかる電気代+水道代は30円ほど。月900円で家事ストレスから解放されました!

ドイツはエコロジーを非常に大切にするに国なので、国の基準として当たり前の心得なんでしょうね。

水は循環式なので、最小限の水だけで洗いあげてくれます。

自然乾燥することで、洗浄以外の電気代もかかりません。

 

 

スポンサーリンク

ミーレの食器洗い機のデメリット

次にデメリットを3つ。

①初期コストが高い

これはミーレに限ったことではありませんが、購入には初期費用が掛かります。

ですが、家事負担を1秒でも減らしたいなら、お金で解決しましょう。

主人的には、iPhone並みの衝撃を与えられたそうです(笑)

購入を渋っている、男性を説得するにはいい例えかもしれませんね。

最近ではミーレジャパン25周年モデルも販売されており、特別価格で買えるチャンスのようです。タイミングが合う方はうらやましい限り。

 

②仕上げ材が必要

仕上げ材というのはグラスをピカピカにする専用のリンスのことです。洗いあがりの水滴も減らすことができます。

お店のスタッフさんに教えてもらいましたが、普段は使わなくていいですよーとのこと。

使っていなくても、グラスのくすみやコーヒー渋もついていません。

仕上げ材やハイターがなくても、ピカピカになるので物が減りますね。

 

③食器洗い機対応の食器しか洗えない

最近の食器はかなり食器洗い機対応になっていますので、前から使っているものは非対応が多いかもしれません。

これはIH対応と一緒で買い替えるしかありません。引っ越しとともに入れ替えをしましょう。

ロジカルな家事を目指すなら、迷うことはないはずです。

しかし、我が家も食器洗い非対応の土鍋や食器が数点残っていますね(笑)

安いものは食器洗い機で洗っていますし、9割以上はお任せできるで定量的に負担が減ることは間違いありません。

 

スポンサーリンク

ミーレの食洗機の評判

Twitterで評判を見てみましたが使って驚いている人がたくさんいるようです。

メリットを感じている人がたくさん。よきよき。

スポンサーリンク

まとめ|【おすすめロジカル家電】ミーレの食器洗い機の評判・メリット・デメリット

いかがだったでしょうか。

少しでもミーレの食器洗い機の魅力が伝わって、家事負担が減ればうれしいです。

 

  • 何よりミーレという会社が品質にこだわっている
  • 予洗いなしで油汚れもきれいになる洗浄力
  • 大容量だから食器と調理器具がまとめて洗える

 

欧州諸国では食器洗い機の普及が早く、家事を助けるための様々な家電が当たり前のように家庭にあります。

日本では主婦(夫)の仕事として、食器洗いが当たり前のように考えられていますが、家族のことを考えるといまの時代は必須ですね。

家族と、自分のために是非導入してみましょう。

 

 

最後までありがとうございました!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

励みになりますのでランキング応援よろしくお願いします!

ロジカル家事
スポンサーリンク
Meiをフォローする
四角い箱に住んでます-リビング中心の家で子どもの才能を見つけよう
タイトルとURLをコピーしました