『四角い箱のいえ』のWEB内覧会はこちら >>

【四角い箱計画2話】いざファーストプラン打ち合わせ

スポンサーリンク
家づくり

住宅要望書を渡してから1か月、待ちに待ったファーストプランの打ち合わせの日を迎えた。
一か月間は家のことを調べる時間も減り、ぐっすり寝れた。
本物の建築士さんは眠りのサポートまでしてくれるのか。

さぁ、さっそくファーストプランをみていきましょう。

 

前回までの話はこちらです。

【四角い箱計画1話】家づくり初めの一歩!住宅要望書をつくりました
スポンサーリンク

ファーストプランを確認

外観、1Fの間取り、2Fの間取り、3Dパース画像の順で見ていきます。

外観

まず初めに外観です。

正面から見ると横長の四角い箱みたい。
要望通り、アアルトの自邸に似た立体感のある長方形、ガルバリウムの鎧張りと木張りを合わせた外観。

思わず泣きそうになる。黒くて四角いんだもん。
中身も見てみよう。

1Fの間取り

34畳くらい、予想以上に広い。すでに感動。

  • I型のキッチン
  • 食品庫
  • 作業台
  • ダイニングテーブル
  • 小上がり和室
  • 壁掛けテレビのあるリビング
  • 洗面所
  • バスルーム
  • トイレ
  • 収納力がある玄関
  • 中庭

基本的に1Fは全部要望が入ってますね。

予想外だったのは、ダイニングのテレビ。
テレビっ子の私にとってはかなりの高ポイント。

料理しながらお庭が見られる。
洗面所、玄関、リビングも回遊された間取りになっている。

プロの力に脱帽。
少ない情報でこんなにまとめてくれるとは。

2Fの間取り

続いて2F。

  • 主寝室
  • 子ども部屋
  • サンルーム
  • トイレ
  • バルコニー
  • ファミリークローゼット

扉がある部屋は狭め、共有スペースは広めになってる。
細かいところだと、トイレの洗面も外になってる。
Good、2Fバルコニーで洗濯物を干せそう。

3Dパース画像

次に、3Dホームビルダーというソフトウェアで作っていただいたパース画像です。

「おおーーっっ、かっこいいーー!!」

こんなん人の手で作れるとかもう感動。
北欧とインダストリアルな雰囲気ががっつり取り込まれてます。

高そうなソファーとペンダントライトが。
思っていた以上に高級感がある家に仕上がっていて、見積もりが気になりそわそわしだす。

やっぱり、ソファーとペンダントライトが主張してる!
あと、テレビ裏の石も!

 

…価格の面はいろいろ調整が必要そう。

 


外観が四角くてそれが萌えたのと、要望通りの仕様で提案してもらえたので、建築士さんに依頼しようと夫婦ともども決めることができました。

 

ようやくスタートラインに立てた気がする。これから大変な毎日がはじまる。

いろんな使い勝手を考えながら、セカンドプランをお願いしよう。

 

続きは、こちらからどうぞ。

【四角い箱計画3話】動線重視!セカンドプランを見直す

 

最後までありがとうございました!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

励みになりますのでランキング応援よろしくお願いします!

家づくり
スポンサーリンク
Meiをフォローする
四角い箱に住んでます-リビング中心の家で子どもの才能を見つけよう
タイトルとURLをコピーしました