『四角い箱のいえ』のWEB内覧会はこちら >>

【四角い箱計画3話】動線重視!セカンドプランを見直す

スポンサーリンク
家づくり

ファーストプランの間取りをじっくり確認した。
次は、セカンドプランだ。

前回の話はこちらです。

【四角い箱計画2話】いざファーストプラン打ち合わせ

 

スポンサーリンク

ファーストプランの確認(仕様変更要点)

付箋にどんなものを収納するか、間取りの見直しを含めぼりぼり書いていく。
特に玄関・洗面所の収納を細かく整理する。重要な作業だ。

具体的な収納場所を決めるとともに、ファーストプランから大きく4か所の修正をお願いすることにした。


 

①シュークローク

くつとアウトドア用品を置きたい。BBQコンロやイスは場所をとるなぁ。
テントはまだないけど、場所を確保しておこう!これを忘れたら大変だ。

②洗面所

洗濯機と洗面は横並びだったけど、広いカウンターの洗面台に、使っているドライヤーや髭剃りが置ける便利かも。ホテルの洗面スペースが理想に近い。造作でお願いする。


カウンター下にはできる限り物を置きたくない。これはロボット掃除機で掃除したいからだ。
また、生活感をなくしたいので洗濯機も隠せる位置に移動したい。

普段洗面所に置く小物は、鏡をミラーボックスにして収納したい。洗面スペースは収納より清潔感を重視しよう。

③階段下スペース

少しだけ収納がある。本当は扉で閉じたいところだけど、思い切ってあけてみよう。
テレビ裏にケーブルを通せば、ブルーレイレコーダーも置ける。
リビングがすっきりするだろうな。

④ダイニング

ダイニングのテレビも泣く泣く手放す方向で考えた。テレビは好きだけど、ながら見をする生活はよくない。と旦那と決めた。本を読む時間を増やそう。見たい番組は録画して空いた時間にみよう。
生活習慣は環境から見直すんだ。

でも、韓流ドラマは止められなそう。これは血筋なんだ。

テレビより、ネットフィックスやAmazon Prime Videoを使うのも近年増えている。
これらをタブレットで好きな場所でみるのも自由でよさそうだ。

子どもが大きくなって、テレビ略奪戦争がなければいいけど。
新しい家では新しいことをどんどん取り入れていきたい、という結論。

テレビをなくしたところには、パントリーをお願いした。
冷蔵庫の位置も調整したい。
玄関からリビングに入ったとき、冷蔵庫があるとかっこ悪い気がする。

もしくは、海外製のいかつい冷蔵庫を買うか。
いや、そもそも値段が高すぎて候補にすら入らない気がする。

 

スポンサーリンク

セカンドプランを確認する

メールと電話でやりとりの要望を反映させたセカンドプランを確認していきます。

2階は今回変更なかったので1階のみ。
間取りは大きな変更がなさそうで、キッチンと洗面所が大きく変わっている。

変更前(ファーストプラン)

変更後(セカンドプラン)

  • ①洗濯機の位置をトイレ正面に移動
  • ②洗面カウンターを横一杯に広げた
  • ③パントリーを常設
  • ④シュークロークの配置変更

冷蔵庫の位置がイレギュラーに見えるが、建築士さんはよくやる配置だそう。
換気扇もつけてもらえるそうだ。
ここなら来客時も扉を閉められ、生活感を減らせる。
お風呂のお湯は洗濯に使わない。ホースの内外にゴミがたまるのがどうしてもいやなので。
これは人によるだろう。本当に節約になっているのか、無駄な家事になってると判断すればやらない。

洗面所のイメージは下記の通り。
どちらかでお願いする。
インダストリアル風か、ホテルライクな仕上げにするか。
費用も大きく増減しないとのことだ。

参照:M-design

Pinterestで見つけた、洗面最終候補その①。
モルタルの洗面カウンターは男女問わず好きだと思う。
このくらい広ければ、ブラシが置けそうだ。

壁づけ水栓もいかしてる。
海外っぽいけど、湘南の家だそうだ。すごく好き。
鏡も大きい。並んで歯が磨ける。


 

Pinterestで見つけた、洗面最終候補その②

このミラーボックスがあれば、カウンター下収納はいりませんな!
屈まずに物が取れるなら便利ではないでしょうか。

タイル張りも可愛いですね。
カウンター一体型は掃除も楽そう。
次回までにどちらにするか決めておこう。


 

前回から変更していないが、ソファーの位置が気になる。
ソファーに座る人とテレビを見る人がどうしても干渉してしまう。
ソファーでテレビを見ている人がいたら、洗面所側を通るルールを作るわけにもいかないし。
家族ならまだしも、お客さんがソファーに座っているときは失礼かも。

気にして裏から入るのも、逆に気を使わせてしまいそうだ。
細かいところを気にする性格なんだなぁと家づくりで気が付く。
リビングに座るスペースは欲しいので、間取りを変えずに対応できるか検討してみよう。

テトリスみたいなリビングはとても気に入っているだけに、大幅な間取り変更は避けたいなぁ。


キッチンのパントリーは収納量が増えていい感じ。
だが、収納は多いほどいいわけではない。
必ず収納量に合わせて物が増えることはわかっている。
無駄な買い置きはご法度。
減らしてもいいかもしれない。
そもそも、冷蔵庫の位置が決まっていない。
冷蔵後下のスペースが勿体なくて仕方がない。
気にしすぎかもな。

L型のキッチンにした場合の冷蔵庫の位置を検討してみよう。

料理しているとき、ダイニングテーブルに座っている人とも干渉する気がしていたので、その点も合わせて依頼しよう。


次に、シュークローク。
来客を考えると荷物が丸見えになるのが気になりだす。
気になるのは自分たちだけか。
構造むき出しの住宅ならかっこいいと思うんだけど、壁紙にする予定だし、コの字に荷物が置けるように修正してもらいたくなった。
これは好みの問題かな。ベストよりベターを目指そう。

 

スポンサーリンク

最後にまとめ

次回プランニングに向けた宿題はこちら。

  • ①ソファーの位置を考える、テレビを見る人と通り抜ける人が干渉しないこと
  • ②L型キッチンのプランを作ってもらう、冷蔵庫の位置がポイントか?
  • ③洗面台の仕様を決める
  • ④シュークロークはもう一度修正をお願いする

壁紙やトイレの設備は、まだまだ先でいいとのことだったので、まずは間取りを確定させよう。

続きは、こちらからどうぞ。

【四角い箱計画4話】理想のキッチンはこもり感のあるL型【家族参加型を目指します】

 

最後までありがとうございました!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

励みになりますのでランキング応援よろしくお願いします!

家づくり
スポンサーリンク
Meiをフォローする
四角い箱に住んでます-リビング中心の家で子どもの才能を見つけよう
タイトルとURLをコピーしました