『四角い箱のいえ』のWEB内覧会はこちら >>

【WEB内覧会】玄関スペース、おうちの第一印象を決める場所

スポンサーリンク
家づくり

今回は、玄関のWEB内覧会です。

 

家族の出入りはもちろん、お客さんがはじめに目にする場所が玄関スペース。

 

Mei
Mei

家のすべての印象を決める場所と言っても過言ではありません

 

私の体験談から言わせていただきますと間違いありません。

 

おうちも人間も第一印象が大事です。

 

というわけで、玄関スペースのWEB内覧会をさっそくはじめましょう!

 

スポンサーリンク

玄関スペース、おうちの第一印象を決める場所

玄関扉から見たホールの様子。

 

もろもろのアイテムはクロークやら収納に入れて整理整頓徹底できるように心がけています。

 

靴は1人1足まで玄関に出してOK、常にクロークの靴と入れ替えで出すルールを作りました。写真では靴を仕舞っていますが、普段は4足分は靴は出されている状態ですよ。

 

インテリアテーマは他の部屋と一緒で白い壁とオークの床材の組み合わせ。土間でも簡易な作業ができるよう奥行き広めにしてサブリビング的な役割も持たせました。

 

Mei
Mei

子どもと並んで靴を履けるのはとても便利ですよー。

 

必ず使いたいと考えていた素材その1。ブリックタイル(レンガ調)。

 

ブリックタイルはセメント系タイルと呼ばれており、表面が凹凸でざらっとした表情をしています。

 

我が家はフィンランドの建築の巨匠、アルヴァアアルトの自邸に影響されているところが大きいですね。逆にアアルトはレンガに漆喰を塗ったり、竹を用いたり日本に影響をうけているようです。

日本で北欧インテリアが人気な理由は彼がきっかけかもしれませんね。

こちらで紹介させていただきました。

 

 

大部分に使いたかったのですがコストを抑えるため一面だけ。

 

我が家のリビングの壁は普通の壁紙を貼っているだけなんですが、これを見た人は、家全体が塗り壁だと思い込んじゃうみたいです。

 

第一印象を意識してインパクトがあるブリックタイルを張ったことが成功しましたね。

 

友人の新築にお邪魔したとき第一印象の大事さに気が付きました。玄関がタイル張り、珪藻土の壁、アンティークのドアでレトロ感がステキな家だったんですが、そのほかの部屋はシンプルな既製品をうまく使ってコストダウンしていたんですね。

 

素敵な玄関の印象が強すぎて、帰るまで魔法にかかった気分でした。

 

クロークは、靴とアウトドア用品を置いています。あまり整理できていません(笑)

 

乞うご期待!

 

中の棚はロイヤルという棚受けをつけていて、自由に高さを変えられるめっちゃ便利な棚です。

 

一度決めた後、調整することはほぼありませんが、入居後に収納するアイテムを並べながら高さを決められるので無駄なスペースができませんよ。

 

自分でDIYでつけられるので、コストダウンできます!

 

スポンサーリンク

玄関スペースの床は機能性が高いモルタル塗り

必ず使いたいと考えていた素材その2。土間のモルタル。

 

雨の日は床が濡れるので水に強い素材を選びたいですね。

 

モルタルは、タイルより汚れにも強いと思います。外構のタイルは、汚れに強いタイプにしてもらったはずですが、土汚れが落ちにくいです・・・

 

洗面スペースから見た様子。

 

暗くなりがちな玄関も、窓から光をとって日中は明るく。

 

回遊できる間取りにしたおかげで、くるくる子どもが元気に走り回って大はしゃぎ。

 

 

照明は大きめの白熱ボールを3つ天井につけました。

 

Mei
Mei

この白いボールがまるっこくてかわいくて・・・。

 

実は家の中で唯一、LEDじゃないライトになってます。

 

消費電力を抑えられるLEDがよかったんですが、夜間この場所と通るケースを考えても、1日10分程度なので電気代が大幅に上がる原因にはならないと思ったんですね。

 

なので見た目優先で白熱ボールを選びました。価格もLEDの10分の1なので断然安い!

 

失敗したら買い替えようくらいの気持ちでしたが、うちの雰囲気的に合っていて満足しています。

 

スポンサーリンク

すっきりした印象をつくるコツはディティールのこだわり

天井までつづくハイドアで造作してもらい、収納を壁化しています。

 

普通の扉は220cmの高さなので、天井と扉の間に壁ができてしまうんですが、生活感を無くす努力とでもいいましょうか、ディティールを大事にしました。

 

Mei
Mei

こだわりと言わせていただきます!

右から、コート&帽子、真ん中はタオルのストック、左は、洗濯機が入っています。

 

 

壁に勝手にスイッチ(Panasonic)という人感センサーをつけて、自動点灯&消灯する仕組みにしました。

 

帰宅して白熱ボールでふわっと照らされると、癒されますし、消し忘れ対策にもなり便利です。

 

リビングのドアを開けると人感センサーが反応し電気が点灯し1分後に消灯します。トイレ後に電気を消しに戻ることなく、洗面で手を洗うことができ大変役立ってます。

 

1つ問題があるとすれば、昼間でも人感センサーが反応して電気がついてしまうことですね。

 

Mei
Mei

明るいときも電気が自動点灯しちゃうのは考えていなかった!

あとから知ったのですが、勝手にスイッチのほかに考えていたひとセンサつきLED電球(Panasonic)は照度も考慮して自動点灯してくれるようでした。

参照:Panasonic

どの家庭でも電球を変えるだけで自動点灯消灯する玄関にできます。

 

Mei
Mei

消し忘れ防止にもなります

トイレ、階段、クローゼットなど短時間電気の点灯が必要な場所に設置すると家の生活が快適になりますよ。

 

玄関のおすすめ色は電球色です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

 

とにかくシンプルなインテリアで過ごしたいね!と旦那と話し合ったうえ、最小のインテリアで過ごしている私たちですが、1年住むとだんだん飾りたい衝動に駆られてきています。

 

観葉植物の上のスペースがちょうど空いているので、夏にかけてポスターを探していく予定です。

 

うちに合いそうなデザインのポスターがありましたら教えて下さいね。コメントお待ちしております。

 

以上、我が家の玄関の紹介でした。

 

 

最後までありがとうございました!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

励みになりますのでランキング応援よろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました